美声ラボのカルテ

美声ラボのレッスンブログです。 一日の振り返りにご活用ください。

写真 2018-10-28 17 21 08

ナレーション大得意!
研修科の、あきのさんから・・


写真 2018-10-28 17 21 40
お菓子の差し入れを頂きました!
ありがとうございます。

オーディションの最終調整日で、さらに集中力を使う為
糖分にとても助けられました~!
写真 2018-10-28 19 52 28
マンツーマンの美声ヨガ生徒さんから「お出汁」を頂きました!
お正月にかけて、和食作りに励みます。ありがとうございます!



プロクラス本科前期の感想です。(毎回、掲載希望でない生徒さんの分は載せていません。)

写真 2018-10-27 19 49 00

初見原稿、バッチリはまりましたね!タ行も改善し、発声具合もほどよく
感情+技術の入れ方に関しましては驚きを隠せないレベルで良かったです。
今週は涙声を入れるタイミングなど、+αのテクニックをお伝えできればと考えています。
自宅での練習も、良い方向に転じていると思います。よく頑張りました◎

写真 2018-10-27 19 49 26
感情の掴み方はとても良いですので、
感情がよく音に乗るように腹圧を強めていきましょう!
いま声量のためかウィスパーな部分があります。
意識的にウィスパーと喉の締めを使い分けられるよう、
引き続き自宅での腹圧練習を行ってくださいね!

写真 2018-10-27 19 48 28
訛りに関しては、自分では気づかないことがほとんどです。
どんどん原稿を読み重ねて、指摘されたものを改善する、
こちらを繰り返すのが一番の方法と考えます。
できるだけ、その場で正せるようにミステイク部分はより集中しましょう。
初見での読みなど、以前よりグンと良くなっていますので
このまま頑張っていきましょう!
写真 2018-10-27 19 48 13
自然に演じるには、感情面の入れ方に違いがあります。
感情よりも音で演じるタイプの場合、たくさん情報を仕入れる必要があります。
(アニメを聴く意識で見る、外国映画を日本語で聴く意識で見る、など)
この情景・年齢・性格・表情では、どんな音を乗せているのか確認しましょう。
同時期の自主練では、実際に泣きましょう。まずは寂しさでの泣き、喜びの泣き、
感情を押し殺した泣きなど1つの感情からはじめます。
感情解放を少しずつ取り入れ、感情を乗せることに馴れる必要があります。




それでは、今週も頑張りましょう!

先日、美声ラボにてリクナビNEXTジャーナルさんから取材を受けました。
20代の頃は、思い立ったら行動するタイプでした◎
それなりに悩みもありましたが、好きなものは追及し続けることが大事だと今あらためて思います。

記事URLです。
https://next.rikunabi.com/journal/20181025_p11/

写真 2018-10-26 12 19 30


あらためて「悩み」のお話です。
大きく二つに分かれると思います

「身体的な悩み」「精神的な悩み」
困ったことに、どちらの悩みも解消されないままだと
両方背負うことになります。

美声ラボは「技術を学ぶ」スクールであり、どちらかというと
「身体的な悩み」で困られている方とお会いすることが多いです。

腹式呼吸などは、正しい方法さえ判れば自宅のみの訓練でも、1日で完成しますが・・。
舌が長い・上顎や下顎の位置などによる滑舌の甘さは、それぞれの骨格に合った
よりベストな舌位置と、呼吸の使い方が必要となりますので、求めるレベルによっては日数を要します。(日常的な修正ですと、1時間程度で終わります)

前歯に隙間がある場合は音が抜ける為サ行が甘くなります。
下顎前突の場合は、タ行が甘くなり、他の言葉もこもりやすいです。
どちらも通常の発声方法ではクッキリした音になりずらいですので
サ行でしたら摩擦する位置をややずらすなどポジション取りが必要となります。

歯を矯正しても、また同じ位置に歯が戻る、という話を聞いた事があります。
舌は体のなかで一番筋肉がある部分であり、舌の扱い方が以前のままですと難しいのかもしれません。


プロクラスの感想です。
写真 2018-10-21 20 43 15
鏡が役に立って良かったです!
これから、どんどんタ行滑舌がクリアになっていくと思います。

ナレーション・・思いっきり感情を入れるのはとても良いことです。
出さないより、出して頂いたほうがバランス調整もしやすいですので
「このくらいかな・・?」と悩まれた際には、思いっきり出してみてくださいね。
馴れてきたら、「これでいってみよう」と挑む姿勢でお見せください。
何も言われなかったとき、その時が自分のものになった瞬間です。

写真 2018-10-21 20 42 33
滑舌の意識は良いことです。セリフですと浮いてしまうことがありますので
ストレートナレーションの練習の際に意識しておこないましょう。
かっこいい声は、感情のあとに付け足すものという捉え方をすると
自宅練習もスムーズになるかと思います。

①自分の声・実際に動いたり、感情で演じる

①が完成したら・・②そこに、かっこいい音を付けたす

写真 2018-10-21 20 43 56
今回お渡しした台本は、読解力を鍛え上げるものとなります。
かなりページ数もありますので、宿題を仕上げたあとの隙間時間に
初見原稿として1ページずつ読み進めていくとベストでしょう。
読解の方法は、授業中に行ったように行って頂ければと思います。
(なぜこんなセリフを言うのか。どんな場所か。相手は誰なのかなど)
支離滅裂な主人公の気持ちに寄り添うのは難しいですので、(題材としてはGOOD)
設定を固めていくとより読みやすくなると考えています。

写真 2018-10-21 20 44 06
目に見えて指摘回数が減りましたね!
かなり有効な自宅練習を行われていると思います。

透明感のあるやわらかい声質は、地声ですので誰も真似できない個性です。
のどぼとけのポジションや、声帯のさまざまなしめかた、
声の幅を広げられるよう色々と試していきましょう!
写真 2018-10-21 20 44 15

初見がどんどん得意になってきましたね。
今まで生きている中で培ってきた想像力が、
しっかりと出したい声とマッチしたときの嬉しさは、
声優として何物にもかえがたい喜びだと思います。

早口になる部分は、しっかりと滑舌に気を付けている証です。
自宅での録音の際に、早いかな?と思った場合は
意識的に、間を作ってみてくださいね。

写真 2018-10-21 15 22 02
研修科(昼)生徒さんから、お土産をいただきました!
プロクラス全員でいただきました~!ありがとうございます。
カルッテベイクの紅茶味がとても美味しかったです(๑´ㅂ`๑)

それでは、今週も頑張りましょう!

私事で恐縮ですが、先日一眼レフカメラを購入しました。
写真 2018-10-11 18 15 13
機種は「GH4」です。
宣材写真はプロの方に撮って頂いたほうが良いのですが
急ぎの案件で生徒さんの写真が必要になった場合、重宝する予定です。

そんなこんなで、今週も美声ラボからオーディション提出があり
本来「ただ人数分書類を提出するだけ」なのですが

どうしたら本人たちの魅力が伝わるのか、他と差別化するのか考えて
Photoshopで写真を明るくしたり、(1人明るくすると他も気になって・・etc)

1人ずつ外見や内面の「チャームポイント」など記述しておきました。
(今回はアイドルグループのオーディションということもあり)
また、声優のオーディションはチャームポイントではなく「得意な声質」を記述しています。


先週のプロクラス感想です。(研修科・夜)
写真 2018-10-12 20 57 15
クラス全員に言えることですが、初見の完成度が高いです。よく頑張っていますね!
得意なキャラクターも、自分なりの表現方法が+され
先月に比べ魅力が増しています。一度作った世界を崩すという難易度の高い壁を
しっかり乗り越えてきたことに嬉しく思っております。
これから、「自分にあるキャラの引き出し」ではなく「自分に無いキャラ」の引き出しを
増やしていくタイミングとなります。大人は呼吸等リアルをたくさん足す、
と捉えて頂ければとおもいます。たくさん外画を見て聞いて、さらに強くなりましょう!

写真 2018-10-12 20 57 38
難しいとされるストレートナレーションは、安心して任せられるレベルに来ています。
「ナレーションは得意」と胸を張って良いでしょう。
大人の女性も、軸がしっかりしており、+αのテクニックが足せれば
さらに魅力的になると考えています。言葉を発したあと呼吸に音を乗せたまま大きく吐き出します。
ポイントは声帯をやや絞めてから呼吸を吐き始める(吐く際は声帯ひらく)ことです。
のどぼとけを下の位置におくと深い音に、真ん中ですと浅めの音になります。
(演技によって使い分けてみてください)
結果が出せるよう、サポートします。全力で挑みましょう!



下記、本科生徒さんの感想です。
写真 2018-10-12 20 58 10

キャラナレにも活かせるよう、声帯周りの筋肉に新しい音域を馴れさせていきましょう。
判らないことは、しっかり身につくまで指導しますので、
「ここまで作り上げた」というものを聞かせて頂ければと思います。
もし間違っていたとしても、すぐに修正を入れますのでご安心ください。

個性は、「本来持っているもの」と「狙って作るもの」があります。
人それぞれ顔が違うように、声帯の太さ長さ・骨格・呼吸量によって音も変わります。
楽器と一緒ですね!では個性とは何か?ですが、自分にないかもしれない場合
「汎用性の高い楽器だ」と捉えてください。それが個性です。

個性が強い子もいますが、汎用性が強い子同様、やらねばならぬことが沢山あります。

個性が強い・・
GOOD!(はまるキャラクターには、とことんハマる!)
BAD!(個性とは別に、汎用性を高める練習も必要になる)

個性がない・・
GOOD!(さまざまなキャラクターを演じることが出来る。)
BAD!(上手さで勝負する必要がある)

実は、個性があるのではないかと踏んでいます。
いま声優にとって不必要なクセを取り除き、あらたに演技の呼吸を覚える時期です。
自分の声が裸になったとき、本来持つ個性が見えてきます。

いまは「はて?」かもしれませんが、半年後や1年後に、
このページをまた読み返して頂ければ幸いです。

写真 2018-10-12 20 58 40
普段の力が100%の場合、本番では70%しか出せないという言葉を
音楽家の友人から聞いた事があります。ですので、普段から120%を目指すそうです。
すると、何かハプニングが起きたとしても90%は出せる、ということになります。

しかし今は鍛錬の身、失敗してもいいですので
「とことん原稿に向き合う」ことに集中してください。
短い文章ですので、覚えちゃうくらいで丁度いいと思います。
そして、トイレの時間など細かい休憩時に繰り替えし練習を行います。

ナレーションの場合、感情の出し方や引き方も「コツ」が必要となります。
コツに関しては、調整を繰り返すなかで「この塩梅なんだ」と身体に染みこませると良いでしょう。

また、声が出しずらい点は、やはり母音を狭めるクセが悪さしてるようです。
シンプルでいて、習得には時間が必要になります。
生きていた年数だけ、その筋肉を使用していたと捉えましょう。
新しい発音のクセをつけるためにも、毎日ゾンビや母音の発声を頑張りましょう!





それでは、皆さん、今週もがんばりましょう!

研修科の原稿をこなすスピード感が、目に見えて早くなりました。
モチベーションも高く、目の前の壁は「ひょいっ」と乗り越える頼もしさも感じています。
どんどん新しい原稿に挑戦していきましょう!

本科生は、基礎の足りなかった部分が補われ、ややクセも取り払われてきたところです。
これから、感情とテクニックをしっかり習得していきます。

今週のプロクラス本科生の感想です。(研修科は月1となります)


写真 2018-09-22 19 22 25
感覚を掴めてきたとのこと、安心しました。
ナレーションの感情は、アニメのキャラより抑えめになります。
語尾の扱いによってはナレーションが「台詞」になってしまうこともありますので
そこの感覚を、しっかりと掴んでいきましょう。
ちょうどいい頃合いを乗せられることが第一関門となります。
アドバイスとしては、ナレーションは「冷静」であることです。
聞き手のイメージをサポートする為の表現を行うために、「感情」もテクニックのひとつ
として表現していると捉えてみましょう。
「いまの台詞になっちゃってるかな?」と不安な段階だと思います。
不安なときは、一発目思いっきり表現したものを聞かせてください。
私との調整を繰り返す中で、感覚を掴んでいくことも可能です!

写真 2018-09-22 19 21 36
読み癖を取り払ったときの本来の個性、鍛錬を重ねた時に出てくる得意な個性、
ひとりひとりの個性は最低2回、顔を出します。

本科が始まって2か月、ちょうど本来持つ個性が見えてくる頃です。
ウィスパーが強みの子もいれば、ハスキーが強みの子もいます。
まずは個性を活かしたキャラクターを伸ばすことを優先します。(モチベーション維持)
ハスキーならば、少年やキャラもの、スポーティな女の子が得意なキャラとなります。

元気な役を演じても上品だと言われてきたということ、
「元気=明るさ」をひとつとっても、さまざまなキャラクターがいると考えてください。

スポーティで明るい子。ツンツンしてる明るい子。ロリータな明るい子。
しかし、「あかるさ」だけを演じるものではなく、シチュエーションによっては
感情が変わってきます。あくまでも地盤が「明るい・元気」です。

地盤が「上品」な場合、気品のあるお姉さん、ロリータなお嬢様、気高い生徒会長など
やりやすいかと思います。伸ばせるキャラを確実に掴んでいきましょう。
(最終的には、全て出来る必要があります)
前回お渡しした台詞のプリントに、上品なキャラクターがいますので
その際、お困りの点の改善方法をお伝えしますね!

写真 2018-09-22 19 20 56
①滑舌+声の圧力+読解→②感情乗せ→③テクニックの順番で優先していきましょう!
1枚の原稿をとっても、やらなくてはいけない事が沢山ありますよね。
今は①をベースに、②+③を乗せていってる段階です。

野球の投手でいうと、
①基礎(投げる為の力)→②フォーム(真っ直ぐ投げる為のコントロール力)→③テクニック(変化球など)
フォームである感情乗せを体に叩きこんでから、テクニックを乗せると、安定すると考えています。
一週間あきますので、感情をしっかり入れられるようになったら、
テクニックを使ってみてくださいね。


写真 2018-09-23 9 42 17
「お菓子」の題材、クリアおめでとうございます。
今回学んだテクニックは、
「語尾抜き+破裂音処理+間の取り方+リズム感+感情による音の揺れや間の作り+音の階段」
になります。

どれも基礎のテクニックといえるもので、全て応用可能です。
2枚目のプリントで、さっそく全て使いますので
1週間のお休みの間、どこで使用するのか試しておきましょう。
(音の階段部分は、すぐ判るかと思います!)

台詞は、新しい音域を使いますので、喉が疲れない程度に声帯周りを鍛えておきましょう。

写真 2018-09-23 15 22 20
プロクラス研修科(昼)の生徒さんから横浜のお土産をいただきました!
いつも、ありがとうございます。
夜の研修科も、ジャスミン茶と共に美味しく頂きました!


本科は今週お休みとなります。
研修科は授業がありますので、今週も頑張りましょう!


写真 2018-09-17 11 21 03
先日、山梨県までロケに行ってきました。
進行表制作・スタッフの手配・各スポットの許可取り等々
番組作りは、事前の動きが大切だなと身に染みて感じ、良い経験となりました◎
今後、ナレーションの必要な場面が出てきましたら
お仕事として生徒さんに依頼したいと考えています。


9月15日、プロクラス本科生の感想です。(研修科は月1となります。)


写真 2018-09-20 14 07 15
成長が見える授業となりました。文章に対して声の扱いが丁寧です。
安定感ですが、やはり声帯の開きが邪魔をしていると見受けられます。
テクニックを聞かせる為にも、こちらを強化していきましょう!

オーディション向きの音楽ですが、声優メインで歌唱付きオーディションの場合は、
出だしのAメロが得意なものを選んでください。(音程、リズム、感情)
最後まで聞いて頂ける確率があがります。
キャラクターのイメージに沿って歌う事もありますので、念頭においてみてくださいね!

写真 2018-09-20 14 07 58
緊張すると集中力があがり、自分を成長させるという良い面もあります。
自宅での練習効果を出せない場合、残念な気持ちになるかと思いますが
しっかりと感情を優先し、台詞に乗せられたときは気持ちが良いものです。
(緊張が、感情によって消える瞬間があります)
ナレーションの語尾は、場面によって「ウィスパーで逃がす」「喉で尖らせる」など
さまざまな処理があります。原稿をこなしていくなかで、習得していきましょう!
※今回は、ほぼウィスパー逃がしでOKな題材です。
客観性ですが、アニメ等のセリフはキャラクターを活かすためのものです。感情や情景優先です。
ナレーションはキャラクターではなく、原稿の内容が視聴者に届きやすくなるように豊かな表現が
求められます。誰に、どんな形で届けるかを想像すると客観性の違いも見えてくるかと思います!

写真 2018-09-20 14 08 29

100%の感情がよく出ていますので、
80%程度におさえた方が丁度良いかと思います。

母さんなど、口のひらきに気を付けて練習してみてくださいね!
口腔内を広く使うことを意識、しかしコモってしまうのはNGです。
そちらは、舌の位置を調整することによってクリア⇔こもりに変動可能です。



今週は、日曜マンツーマンレッスンの生徒さんから
プロクラスへ「チョコクロ」を沢山いただきました。
いつもありがとうございます。美味しくいただきました!


それでは、今週も頑張りましょう!

↑このページのトップヘ