美声ラボのカルテ

美声ラボのレッスンブログです。 一日の振り返りにご活用ください。

1周年のご挨拶

美声ラボをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
当教室は2017年8月6日で設立1周年を迎えました。

これもひとえに、皆様のご愛顧のお陰と心より感謝いたしております。 
こうして無事に1周年を迎える事が出来ましたのも生徒さん達とのご縁に恵まれたおかげです。

美声ラボはいつも生徒さんと共にあります。
これからも、サービス向上を第一に教室を運営し
魅力あふれる人材を育成する教室として今後とも邁進して行く所存です。

引き続き、皆さまに喜んでいただける教室作りを目指していきます。
今後とも、美声ラボをよろしくお願いいたします。

美声ラボ代表
古川小百合


IMG_0207
一周年の感謝イベントでは、ファミコンやカラオケで遊びました。
お集まりいただき、誠にありがとうございます。
当日は席に限りがあり、参加希望の皆様にはご不便をおかけいたしました。
これらを踏まえて、次回開催の際は改善につとめます。


今週の授業内容です。

 

マンツーマンレッスン

【ベーシック】1コマ、美声ヨガ

【プロクラス前期】初見バラエティナレーション、詩の朗読

【プロクラス後期】キャラクターボイス、上級ナレーション


プロクラス前期の生徒さんたちに頂きました感想です。FullSizeRender (4)
少しずつ声帯周りの筋肉がついてきましたね!
呼気圧に耐え、しっかりと声門を閉鎖できるよう、引き続き頑張りましょう!
また、訛りは「今日見つけられてよかった」と頭を切り替え、
できるだけ授業後に正しい発音にて反復練習しましょう。
「・うまれかわる ・ひみつが ・今夜 ・どちらに」今回はこの4点です。

テレビを見る際は、ナレーションのリズムを意識してみてください。

FullSizeRender (5)

アナウンサー読みの特徴は、発音(語尾の母音)がスッキリしているところです。
一文の読み終わりに、わりと早く口が閉じていますので、母音を意識していきましょう!
自宅では、ナレーションの原稿を「全てウィスパーで出す」練習を行ってみてください。
声門閉鎖ができていますので、キャラクター読みの際は思い切って発声すると
しっかりと音に乗るはずです。
「~さん」などのサ行「さ」を意識して練習しましょう。
FullSizeRender (6)

リラックスできるとのこと、ありがとうございます。
バラエティナレーションのキャラクターボイスが
とても良かったですので、さらに研磨していきましょう。
通常ボイスverのほうでは、サ行「す」を意識してください。
また、詞の朗読を含め、「リズム感・間を作ること」も意識してみましょう。





後期生徒さんに頂きました感想です。
FullSizeRender (8)

前半のキャラクター振り返りでは、先週生まれたばかりの音に
芯ができており、大変驚きました!
次は芯のできた音に原稿(怒り)以外の感情も乗せて練習してください。
まずは喜びで数パターン自主練しましょう。
セリフ
「いよいよはじまる新学期。可愛い制服、素敵な先輩、絶対楽しい部活動!んーっ!緊張するなぁ。」
1.わくわくした喜び、どんどん嬉しさが上がっていくタイプ
2.緊張とわくわくが入り混じる喜び、表情の階段ポイントでは妄想で恍惚するタイプ
3.元気っ子の性格で喜び、表情の階段ポイントでは一つずつ指を刺し示すようなタイプ

FullSizeRender (10)
前期の課題であった「文章のサ行」で止まることがなく
滑舌の完成が見えてきましたね!
音抜けの雰囲気もいいです。これからはテクニック中心でいきましょう!

「風に吹かれて~」の一文は、文章を区切り、ひとつずつ表情を確認してみましょう。
(風)(吹かれ)(飛んで)(きた)(1枚)(紙切れ)(ひろった)

尚、(風)(吹かれ)(飛んで)は呼気量強め、(1枚)は目立たせ、
(きた)(ひろった)は喜びもしくはシンプルな名残りが合います。



それでは、今週も頑張りましょう!



生徒さんから、一周年のプレゼントを頂きました。
unnamed (1)
授業の休憩中に、皆さんで頂きました。
とてもおいしかったです。ありがとうございます!




生徒さんに誕生日プレゼントを頂きました。
unnamed
リップバーム重宝しております。ハンドクリームはオフィスで使用しています。
とても可愛いです。ありがとうございます!

先日、ナレーションの現場へ生徒さんに行ってきて貰いました。



 

オーディションもなく現場へ直行、当日のご連絡という急な展開でしたが
しっかりと
ご対応頂きました。



本当にありがとうございます。



 

こちらの可愛らしいロボットに後期生徒さんの声が入りました。

IMG_4736-e1499853121433

https://robotstart.info/2017/07/13/infocom_sharp.html


 

【お仕事で大切なこと】

1.信頼関係

現場に入ったら、必ずご挨拶しましょう。また、10分前には入室できるようにしましょう。あまりにも早いと、返って先方さんにご迷惑をおかけする場合もあります。

 

2.スケジュール調整のしやすさ

お仕事やオーディションは急に入ることがあります。事務所に所属している方たちは、プライベートでも調整しやすいお仕事をなさっていることが多いです。

 

3.個人のレベルの高さ

ナレーションでは滑舌&発声&表現力、キャラものは表現力&引き出しの多さ&その仕事のキャラを演じられるかどうかで判断します。

 


 

今週の授業内容です。

 

マンツーマンレッスン

【声優テクニック】2コマ、オーディション台本の読解、キャラ仕上げ。

【声優テクニック】1コマ、推理もの読解、演じ方。

【ベーシック】1コマ、ファンタジー台本。

【ベーシック】1コマ、美声ヨガ(お土産、ありがとうございました!)

【歌の模擬レッスン】1コマ、担当は歌手の夏希先生です。

 

【研修科】台本の読解、5パターンの引き出し作り。

【プロクラス前期】CMナレーション、詞の朗読。

【プロクラス後期】オーディション対策キャラクターボイス、上級ナレーション。

 




プロクラス前期の生徒さんたちに頂きました感想です。

1

「~ように」「ない。」など、アナウンサー読みのスッキリした音も
必要になる場面があります。いい部分は残し、ナレーションに必要な名残や味わいを
足していきましょう。語尾はゆるく抜くのがポイントです。
空気成分を意識しながら使いましょう。
2

大きな声量に対し、声がこもりやすいのは音が前へ飛ばずに広がっている為です。
授業の最初に行ったイスでの発声を行ってみてください。
喉に負担がかかっていますので、しっかりとアクビでひらきましょう!

4

腹式呼吸は、毎日の鍛錬によって必ず手に入れることができます。
足を踏み込み、前に飛ばす声の出し方を続けてください。
しっかり声が出た際、腹部のどこに力が入っていたのか意識してみましょう!

3

発声練習ではクリアに発音できた音も、原稿になると言いづらくなることがあります。
はじめは皆同じですので、諦めずに繰り返し練習しましょう。
高い表現力があります。活かすためにも、「タ行」で使う舌の筋肉を鍛えていきましょう。




プロクラス後期の生徒さんに頂いた感想です。

5
キャラクター作りに進みましたね!
硬口蓋に当てる「え」の音で調音、その音のまま1時間ほど話す練習をしてみましょう。
ビックリしたとき、悲しいときなどの感情が乗ったときも
キャラクターの軸がブレないように意識して練習しましょう!



それでは、今週も頑張りましょう!

生徒さん達にとって初日のレッスンは
「今ある実力を発揮する」場でもあります。



昨日に続き、プロフェッショナルコース本科の前期がはじまりました。
全員がそれぞれ違う養成所出身であり、今まで教えてくださった先生たちのカラーが見えてきます。





【集中力について】
初日ならではの集中力を活かし、本日の休憩は「120分のうち5分」と少なめです。
声を出している間は、集中力が持続しやすくなりますので
次々と自分の順番が来るように達成可能な小さな目標(テクニック)を提示しました。


①一行読み、指摘を受ける
②改善したら次の人へ
③次の人の音読を聞いてる間、次の行の準備
④改善した一行を含める2行を読み、指摘を受ける



順番が回るペースとしては、約5~10分です。



身体が疲れると「脳が疲れたような」感覚になり、集中力も途切れます。
教室内では出来るだけ空調をかえ、うっすらと音楽をかけるようにと心がけています。



声優レッスンは他業種に比べ、集中しやすい分野です。
腹式呼吸により雑念を払い、声を出すことにより焦点を合わせられます。




初日授業内容
【ラジオCMナレーション】
【詩のナレーション】
【サ行理論解説】


生徒さんから頂きました感想です。
FullSizeRender

サ行、タ行以外は、とても綺麗な発音です。
タ行→呼気をせきとめ、解放
サ行→呼気の強さで摩擦させる
どちらも歯列の隙間により、やや難しくなっています。
舌先の当てる位置によりクリアになった音もありましたので
舌の筋肉の使い方により、改善する可能性があります。
調音しやすくなるよう、舌の筋肉を鍛えていきましょう。

本を読んでいる間、駅までの間など、「そして」を繰り返し練習です。
その際は、一音ずつ粒たて、母音もしっかり意識してください。
腹式の基礎が既に出来ており、かっこいい声もお持ちですので、滑舌に集中していきましょう!

FullSizeRender (1)


口角が横に広がりやすいですので、縦の口を意識していきましょう。
お口の中に、より多くの空気が含まれるようになりますので、音が優しくなります。
「タ」のアタックが強いのは、滑舌を意識してるゆえだと考えます。
ソフトに呼気をせきとめ解放しましょう。
文章を読む呼気圧は既にお持ちですので、瞬発的に腹式呼吸を使えるよう、
自宅でも腹式の練習を行いましょう!
滑舌の意識も、にこやかなところもタレントにとって素晴らしい利点です。
優しい音を手に入れられるよう頑張りましょう!


FullSizeRender (2)


ウィスパーボイスは耳心地良く、聞いてる人も癒されるものです。
必ずナレーションの良さにつながりますので、最大限活かせるよう
音の軸をしっかりと立てましょう。
また、声帯周りの筋肉を腹式呼吸の圧に耐えられるよう、鍛えていきましょう!
腕などほかの筋肉を刺激しながら出してください。
特にハ行は呼気の強さが必要な音です。
ここをクリアすると、他の行も言いやすくなると思いますので、集中的にせめていきましょう!


FullSizeRender (3)

「どこからでも」の音は、「ど」の母音「お」を意識することによってやわらかくなります。
「どーこーどーこーどーこー」と母音「お」を伸ばしながら繰り返し発音してみてください。

基礎では母音を、基本的には指摘を受けたテクニック部分を
集中的にトレーニングしましょう!
また咳が出る日は、できるだけ声帯を休ませてください。
結節など出来ぬよう、今あるヒロイン向きの素敵な声質を大切にしていきましょう!



モチベーション高く、いいスタートを切りました。
今週も、引き続き頑張りましょう!

夏祭りの音色に、心も躍る季節となりました。
大変喜ばしいことに、生徒さんから事務所合格とのご報告を受けました。
プロクラスの授業以外にも、舞台に挑戦するなど努力を積み重ねてこられた結果だと思います。


8月からの後期生は3人と、1人あたりの指導時間が長くなっております。
プロクラスは、どんなに多くても6名迄と人数制限があり、これは私のこだわりでもあります。


少人数のメリットは、細部までテクニックを習得できることです。
1度の授業につき、2~3個の題材を扱えますので、短期間でしっかりと習得することができます。


【指導の一例】



文例)「未確認生命体、東京湾上空を通過!各機、迎撃態勢へ!」が棒読みになる。



①表情が乗りやすいよう喜怒哀楽を解放し、セリフが言いやすい状態へ整える。

②年齢・職業・立場・状況などセリフを読解し、感情を乗せる

③上記のセリフは「しっかりと伝えなければならない」ものだが、「人間の焦り」も乗せる必要がある。
その場合、「言葉が滑る」「滑舌が甘くなる」ことが数多く見受けられる。



基礎がある場合、①~③完成まで約5分です。
習得時間は生徒さんの勘や経験により変わってきますので、
滑舌や演技力を把握しながら、その方にとってより良い方法をお伝えしています。



本日のプロフェッショナルコース本科後期は、本格的なナレーションと、モノローグ調の探偵セリフを行いました。
ナレーションは1行につき、約10か所テクニックが入ります。
モノローグ調は、あくまでも心の中のセリフですが、適切な声のボリュームと読解が必要になります。




生徒さんから頂きました感想です。

IMG_0277

タ行は、しっかりと呼吸をせき止めて解放、サ行は摩擦を意識しましょう。
「ちず」「ひとつ」等、タ行からサ行にうつる舌先の繊細な動きも、筋肉に記憶させましょう。
次の段階に来ていますので、発声練習の際はナレーション原稿も加えて行ってください。

また、感情解放(泣き笑い)素晴らしかったです。
空気の抜けにより優しい表情が加わっていました。
引き続き、良い部分を生かしながら取り組みましょう!



IMG_0278


訛りに関しては、自分で気づきにくい点があります。
標準語の判る方に聞いてもらいながら初見原稿の練習が効率的です。
しばらくナレーションが軸となりますが、初見原稿も増やしていきますね。

音の繊細な揺れなども表現できるよう、引き続き感情解放→声出しも行おうと考えています。
引き続き、頑張りましょう!



今回のプロフェッショナルコース前期は



①ニュース原稿(アナウンサー役)
アナウンサー役は意外と難しいものです。
実際のニュースキャスターのように、滑舌・アクセント・濁音や鼻濁音の違い、テクニックとして斜め音や要点を意識します。





②ボイスサンプル収録前の心得
声優にとってボイスサンプルは名刺です。
今まで使用した原稿の中から、一人ひとりに合った原稿(ナレーション・セリフ)を選出します。
また、はじめに録音する「名前」も重要です。
好印象の音、聞き取りやすいリズム感、滑舌を意識した発声で練習を行います。





以上、2点を行い、オーディション原稿の
宿題をお出し致しました。








生徒さんから頂きました感想です。

naka0513

アナウンサーボイスは、方言同様、ひとつの引き出しとして強みになります。
引き続きポジティブに捉え、さらに引き出しを増やしていきましょう!

・民事再生の訛り
・音のすべり
・「しました」語尾のスッキリ音


文章のすべりは、()や「」など、文章の要点に記号をつけてみましょう。
記号をつけた箇所の読み方を変えてみると、音が落ち着きます。
ボイスサンプル収録まで一か月半となりました。
引き続き、来週も頑張りましょう!



↑このページのトップヘ