美声ラボのカルテ

美声ラボのレッスンブログです。 一日の振り返りにご活用ください。

日曜日は声優テクニックお試しプランとプロフェッショナルコース本科後期がメインにある日です。



声優テクニックお試しプランは、プロフェッショナルコースと同内容のレッスンを行っています。
初心者の方を対象としていますが、学校や養成所を卒業された方のご来校が多い為、現場レベルのレッスンになることが多いです。



また、歌唱についてご質問いただく機会が重なっています。
声優事務所のオーディションに歌唱がつく、といった次第です。キャラクターソングありきのオーディションがありますので、練習しておくのは手かもしれません。



私はメロディ譜を頭と体に叩き込んでからレコーディングに臨んでいます。




生徒さんから頂きました感想です。
2017年3月
201703natu


2017年4月
201704natu


悲しみの感情解放、1分間で涙が出せましたね!
感情を100%解放したら、すぐに歌詞を読んでみてください。
歌詞を読むとメロディが頭をよぎりますので、単語で書き留めておくのも手だと思います。



レッスンを行うにあたって、CDを聴かせていただきましたが、素晴らしい歌声に大変感動しました。
今後とも応援しております。

昨日に続き、プロフェッショナルコース本科前期の内容となります。




今回のプロフェッショナルコース前期は、前回に続きCMナレーションと
生徒さんご希望の鼻濁音理論をとりいれながら、滑舌理論タ行・滑舌実践を行いました
一般的な小・中学校では義務教育に鼻濁音指導が入っていませんので、西日本出身者は苦戦します。(私もそうでした)





鼻濁音・・濁音「がぎぐけご」を、nga,ngi,ngu,nge,ngoと鼻から抜く音をさします。
関東近郊の方には馴染み深い鼻濁音ですが、西日本は発音する機会が少ないといわれています。
主に語中が鼻濁音になります。




鼻濁音理論・・あ~わ行の理論とは違い、とても複雑な法則があります。
鼻濁音の理解を促進する為、法則ごとに例文を出し、ひとりずつ確認することを心がけています。
一度覚えると、音読中に固くなっていた発音もやわらかくなります。



例) 専門学校の「ga」は濁音ですが、中学校の「ga」は?


答え→鼻濁音になる。



専門学校は「専門」「学校」と別の意味合いを持つので「学校」を語頭として捉え濁音になります。
「中学校」はひとつのワードとして捉えますので、語中扱いになり鼻濁音になります。







生徒さんから頂きました感想です。
201704ta

昨日は発声練習でクリアな音が出せましたね。
第一段階を突破したと自信をもち、次は第二関門である「文章の滑舌」クリアを目指しましょう。


サ行理論のときに使用した「すさしすさしさすそそそし」のように
原稿を全てサ行母音に変換するのも手です。
早口になってしまうのは、意識が滑舌に向いているからだと私は考えます。


訛りに関しては癖になっていますので、正しい音を知った後は根気良く自主練しましょう。


それでは、また来週頑張りましょうね!


本日の新宿御苑は春の陽気に包まれておりました。
湿度も高く、喉に優しい一日です。



今回のプロフェッショナルコース前期は、前回に続きCMナレーションと
生徒さんご希望の鼻濁音理論をとりいれながら、滑舌理論タ行・滑舌実践を行いました。




鼻濁音・・濁音「がぎぐけご」を、nga,ngi,ngu,nge,ngoと鼻から抜く音をさします。
関東近郊の方には馴染み深い鼻濁音ですが、西日本は発音する機会が少ないといわれています。
主に語中が鼻濁音になります。



鼻濁音理論・・あ~わ行の理論とは違い、とても複雑な法則があります。
鼻濁音の理解を促進する為、法則ごとに例文を出し、ひとりずつ確認することを心がけています。
一度覚えると、音読中に固くなっていた発音もやわらかくなります。



例) カタカナは基本的に濁音ですが、ジオングは?

答え→鼻濁音になる。

これは、「グ」の前に「n」がありますので「ngu」、つまり鼻濁音になります。






生徒さんから頂きました感想です。
201704naka

今日は「どこからでも」の言葉を滑らかにすることがポイントでした。
一音ずつ立ってしまうのは、しっかりと滑舌を意識していた証でもありますので、気負いせず頑張りましょう。
「こ、か」と破裂音が続く際には母音の名残に意識を向けてみてください。



訛りに関しては、一回ずつ確実に進歩が見えます。
今は吸収期ですので、授業時間外も初見の原稿にチャレンジしてみましょう。
発声も3メートル先の壁に当てられるよう、練習してください。期待しています。




それでは、来週も頑張りましょう!

このブログは、いつでもレッスンの振り返りができるように
生徒さんへのサービスとしてはじめました。



ブログを書くことによって思わぬ収穫があり
授業時間外にも生徒さんについて個々に考える時間を作れるようになりました。
他学校を含めると半期に80人~100人ほど担当しますので、こうして一人ずつ向き合う時間は私にとって大変貴重です。今後も精一杯全力を尽くしてまいります。



また、ブログ掲載はご希望のかたのみ行っておりますので
必要な生徒さんは古川までお申し付けください。
プレコース以外はすべて対象になります。



お知らせです。




「真夜中のおバカ騒ぎ!」にゲストとして出演します。
千葉テレビ4月13日(木)26時~
TOKYO MXテレビ4月15日(土)27時30分~


司会は原口あきまささん、
アシスタントの愛菜さんと原アンナさんには
一度レッスンを行ったことがあり、同じ現場にいるのは少々気恥ずかしかったです。




また、2月末よりネクソン「Hide and fire」にてエバ役としてCV出演しております。
≪天真爛漫な恋する乙女≫というキャラクターで、触れるとシステムボイスのような声も出します。ゲームが面白く、私は現在レベル48/60に到達したところです。




それでは、また土日頑張りましょう!

ふと新人声優さんのご来校が多いことに気が付きました。
とても勉強熱心で頭が下がる思いです。


声優という職業は、オーディションに受からねばお仕事になりません。
毎週のように学校や養成所でレッスンし、上達してきた頃に卒業・所属になり
オーディションがくるチャンスを待ちます。


オーディションを受けるにあたり
まずは、所属事務所のマネージャーからオーディションに出せる人材として選ばれることが必要です。選ばれなかったら、足りない部分を補えるような練習を続けます。


現場にいない時間こそ、自分を磨く貴重な時間です。


プロのスポーツ選手は試合に出る前、誰にも負けないよう毎日必死に練習しています。
競う相手は自分よりうまいかもしれません。
自分を信じ、壁を乗り越え、さらなる試練を自分に与え続けます。



本気で挑み、結果が出た瞬間は最高です。
どの職業でも同じだと私は考えます。




オーディションに挑戦し、さまざまな理由で選ばれなかったとしても
「自分ならこう演じる」と本気で考えたキャラクターは
引き出しのひとつになり、次のチャンスまで磨き続けることができます。



私は「声」が大好きです。
犬の声で一日過ごしたとき、言葉に頼りすぎないことが大事と思い至りました。
必要なのは相手に届ける感情です。残念だったのが、その日吠える機会に恵まれなかったことです。





生徒さんから頂きました感想です。

2017年3月
yo201703

2017年4月
yo201704

CMのかけあいからスタートして2か月がたち
少しずつ腹式と声帯のバランスが良くなってきましたね。
声帯の開閉がスムーズに行えるよう、発声練習は呼気圧強めが有効です。

大事な日の前日・当日の発声は、喉に負担をかけないよう
一音ずつ母音を確かめながら50音2セットが丁度いいと思います。
もし、発音によれが生じましたら改善するまでその一音をくりかえし発音してください。

今回の振り返り
・接続詞「で」の滑舌
・文章内で同じ言葉が続くときは、音に変化をつける
・大事な言葉の前には、心地の良い間をつくる
・言葉頭のあがりクセを、ストレートにする

いつも勘の良さに感動を覚えています。
その場で対応して頂けるので、つい、もっと出来るのではと細かくストップしてしまいます。
原稿レッスンは、ひとつのディレクションパターンだと捉えて頂けましたら幸いです。


それでは、また一緒に頑張りましょう!

↑このページのトップヘ