私事で恐縮ですが、先日一眼レフカメラを購入しました。
写真 2018-10-11 18 15 13
機種は「GH4」です。
宣材写真はプロの方に撮って頂いたほうが良いのですが
急ぎの案件で生徒さんの写真が必要になった場合、重宝する予定です。

そんなこんなで、今週も美声ラボからオーディション提出があり
本来「ただ人数分書類を提出するだけ」なのですが

どうしたら本人たちの魅力が伝わるのか、他と差別化するのか考えて
Photoshopで写真を明るくしたり、(1人明るくすると他も気になって・・etc)

1人ずつ外見や内面の「チャームポイント」など記述しておきました。
(今回はアイドルグループのオーディションということもあり)
また、声優のオーディションはチャームポイントではなく「得意な声質」を記述しています。


先週のプロクラス感想です。(研修科・夜)
写真 2018-10-12 20 57 15
クラス全員に言えることですが、初見の完成度が高いです。よく頑張っていますね!
得意なキャラクターも、自分なりの表現方法が+され
先月に比べ魅力が増しています。一度作った世界を崩すという難易度の高い壁を
しっかり乗り越えてきたことに嬉しく思っております。
これから、「自分にあるキャラの引き出し」ではなく「自分に無いキャラ」の引き出しを
増やしていくタイミングとなります。大人は呼吸等リアルをたくさん足す、
と捉えて頂ければとおもいます。たくさん外画を見て聞いて、さらに強くなりましょう!

写真 2018-10-12 20 57 38
難しいとされるストレートナレーションは、安心して任せられるレベルに来ています。
「ナレーションは得意」と胸を張って良いでしょう。
大人の女性も、軸がしっかりしており、+αのテクニックが足せれば
さらに魅力的になると考えています。言葉を発したあと呼吸に音を乗せたまま大きく吐き出します。
ポイントは声帯をやや絞めてから呼吸を吐き始める(吐く際は声帯ひらく)ことです。
のどぼとけを下の位置におくと深い音に、真ん中ですと浅めの音になります。
(演技によって使い分けてみてください)
結果が出せるよう、サポートします。全力で挑みましょう!



下記、本科生徒さんの感想です。
写真 2018-10-12 20 58 10

キャラナレにも活かせるよう、声帯周りの筋肉に新しい音域を馴れさせていきましょう。
判らないことは、しっかり身につくまで指導しますので、
「ここまで作り上げた」というものを聞かせて頂ければと思います。
もし間違っていたとしても、すぐに修正を入れますのでご安心ください。

個性は、「本来持っているもの」と「狙って作るもの」があります。
人それぞれ顔が違うように、声帯の太さ長さ・骨格・呼吸量によって音も変わります。
楽器と一緒ですね!では個性とは何か?ですが、自分にないかもしれない場合
「汎用性の高い楽器だ」と捉えてください。それが個性です。

個性が強い子もいますが、汎用性が強い子同様、やらねばならぬことが沢山あります。

個性が強い・・
GOOD!(はまるキャラクターには、とことんハマる!)
BAD!(個性とは別に、汎用性を高める練習も必要になる)

個性がない・・
GOOD!(さまざまなキャラクターを演じることが出来る。)
BAD!(上手さで勝負する必要がある)

実は、個性があるのではないかと踏んでいます。
いま声優にとって不必要なクセを取り除き、あらたに演技の呼吸を覚える時期です。
自分の声が裸になったとき、本来持つ個性が見えてきます。

いまは「はて?」かもしれませんが、半年後や1年後に、
このページをまた読み返して頂ければ幸いです。

写真 2018-10-12 20 58 40
普段の力が100%の場合、本番では70%しか出せないという言葉を
音楽家の友人から聞いた事があります。ですので、普段から120%を目指すそうです。
すると、何かハプニングが起きたとしても90%は出せる、ということになります。

しかし今は鍛錬の身、失敗してもいいですので
「とことん原稿に向き合う」ことに集中してください。
短い文章ですので、覚えちゃうくらいで丁度いいと思います。
そして、トイレの時間など細かい休憩時に繰り替えし練習を行います。

ナレーションの場合、感情の出し方や引き方も「コツ」が必要となります。
コツに関しては、調整を繰り返すなかで「この塩梅なんだ」と身体に染みこませると良いでしょう。

また、声が出しずらい点は、やはり母音を狭めるクセが悪さしてるようです。
シンプルでいて、習得には時間が必要になります。
生きていた年数だけ、その筋肉を使用していたと捉えましょう。
新しい発音のクセをつけるためにも、毎日ゾンビや母音の発声を頑張りましょう!





それでは、皆さん、今週もがんばりましょう!