始動から4か月、前期クラスは「自分の音やクセ」をあらためて認識できるようになりました。

今はまだリズムが一定でも
滑舌はすこぶる良かったり、

小さい声だとしても
ポイントをしっかり抑えていたり、さまざまです。

いいところも、これから修正していく部分も、輪郭がハッキリ見えたことで
習得スピードもグンと変わってきます。

後期クラスは、引き続きテクニックだらけの原稿に立ち向かっています。
負けずに頑張っていきましょう!


前期生徒さんの感想です。
写真 2017-11-19 21 55 25
ナレーションですが、自分では気づきにくい点だと言えます。
情緒を大事にするナレーションは、ある意味歌うような抑揚をつけますが
言葉のポイントを抑えたうえで、心地よいリズムに乗せていくのがベターです。
今は、名詞の音が立たず他の言葉と一緒に流れていますので、気を付けてみてくださいね!

写真 2017-11-19 21 54 53
CMナレーションは言葉の捉え方が良く、原稿もマッチしていましたね。
同じ原稿でも音圧をじょじょにあげると、やわらかい音に艶がでたり、美少女感がでたり
楽しいことが待っていますので、この一週間もお腹を意識して過ごしてください。
ナレーションAの、前にしっかりと押し出す言葉で練習してみましょう。
少し音圧をかけると艶がでますので、新しい原稿もお腹を使っていきましょう!

写真 2017-11-19 21 54 24
大人のハスキーボイスは外画向きな音だと考えています。
かっこいい抑揚は、決まったパターンがありますので
まずはCMナレーションを何度も復習して、前回得たテクニックを自分のものにしましょう!
ハ行名詞など力を入れるとき、気合いも音に入りがちですので
言葉頭の力加減に気を付けてみてくださいね。

写真 2017-11-19 21 52 40
語尾抜きを覚えたら、ナレーションだけでなくセリフも生き生きとしはじめます。
語尾をコントロールすると、現状よりも相当わかりやすく成長しますので必ず習得しましょう。
「き」の発音がやや息もれがちですので、舌の使い方を思い出しながら練習してみてくださいね!
幅広く対応できる声質ですので、まずは基本をしっかり抑えつつ
ナチュラルな芝居を完成させてからキャラ色を増やしていきましょう!

後期生徒さんの感想です。
写真 2017-11-19 21 52 15
テクニックが非常に多い原稿ですので、乗り越えられたら必ず強みになります。
また、自分への苛立ちは向上心のあらわれだと私は捉えています。
腹式・滑舌ともに完成していますので、訛りをつぶしていけば
さらにテクニックだけに集中できるかと考えています。
言葉に立ち往生したときは、一旦深呼吸して臨んでみましょう!
写真 2017-11-19 21 52 05
同時にこなさなければ ならないことが沢山あるなかで
この原稿に求められる明るさが常に表情として乗っていますので
「あとは安定した音と、テクニック!」と奮起していきましょう!
発声練習での滑舌は、苦境を乗り越え、無事に完成しましたね。
今後は、安定した音を得るために、文章タイプの原稿で発声練習を行ってください。




☆後期クラスは、難易度の高い原稿に入っています。
原稿仕上げのスケジュールを組みましたが、状況に応じて変更していきますので
どうか自分のものになるよう集中して臨んでください。

それでは、今週も頑張りましょう!