美声ラボのカルテ

美声ラボのレッスンブログです。 一日の振り返りにご活用ください。

カテゴリ: 前期&後期

そろそろ声優オーディションの開催が訪れる季節となりました。

一次審査のボイスサンプルが通過したら、実技+面接へ進みます。(アニメオーディションは省く)
この実技ですが、当日渡されたばかりの初見原稿を読むことがあり、本来の「実力」が試されます。


ここで明暗を分けるのが「緊張」です。
緊張すると声帯がしまり、音が響かなくなります。
「練習をたくさんしたのに、当日うまくいかなかった」のは、表現や抑揚・アクセント以外にも
「緊張」によってうまく声帯を扱えなかったことが理由になる子も多いのが現状です。


私が見ているなかで、緊張しにくい子は
1.15歳以下で天真爛漫な子+(褒められて育った)
2.自信に満ちあふれている子+(自分ならできる、と強く思える)
3.何度も経験している子 +(その経験の中で大失敗をしていない)


緊張しやすい子は
1.15歳以上で精神的に自立している子→しっかりしてる
2.大きな失敗や叱られたことがある子→自信が少なくなっている
3.明るい子→感受性が強い為、緊張の空気が伝わりやすい


今できることは自信を持つことと、経験です。
何度も繰り返し練習してきた原稿は、やや緊張も抑えて挑めますが
当日に渡された原稿は「今までのレベルで出来るだろうか」「最高な時の自分を見せれるだろうか」
と不安がよぎり、緊張がうまれやすくなります。


今までに、いろんなパターンの練習を繰り返してきたことを思い出してください。
ウィスパーから高度なテクニック、このキャラには自分の引き出しにあるこの声、呼吸を使った自然な演技、繊細な感情表現。


「最高な自分を見せられる場」でもありますが、心の中では「ひとつひとつ丁寧にクリアしていこう」「先生に大丈夫・できる・うまいって言われた」と何度も繰り返し念じてください。

例え失敗したとしても、誰にも叱られません。
丁寧にやりとげた場合は、例え落選したとしても経験値として残ります。
その経験は、同じようなオーディションの際に緊張をやわらげ、合格につながっていきます。



・・ということで、今回のプロクラスはオーディションと同じ環境を作って行いました。
丁寧なドアの入り方から、自己紹介、初見原稿の課題3つ、点数付けまでです。

初見原稿に関しては待機室のように12分の読み込み時間を設けました。

いつも以上にできた子、いつもの力を発揮できなかった子がいると思います。
経験を積み、やってきたことに自信を持ち、さらなる向上を目指して頑張ってください!


本科前期・・第5土曜の為おやすみ
本科後期・・オーディション対策(面接・初見原稿・マナー)、ナレーション
研修科1st・・第5土曜の為おやすみ


ご感想を頂きました。
写真 2018-04-04 12 10 20
自己PR・・自然体で、安心感があります。
このナチュラルさでしたら、+αとして何らか足してもよさそうです。
(5秒以内で出来る声の特技など・・動物の鳴き声とか)

初見・・課題2の、軽い性格のキャラを練習しましょう。
今までの練習と真逆となりますが、口腔内ホールの可動域を狭くしてみましょう。
滑舌は甘くならないよう注意です。

ナレーション・・語尾抜き(ウィスパー)が生きるように艶(有声)を出しましょう!
理由を探ってみたところ、オーディション原稿の薄いキャラの練習直後だからだと考えています。
スイッチの切り替えも馴れが肝心です。頑張ってくださいね。
写真 2018-04-04 12 09 28
自己PR・・テンパったときは、「丁寧にやる!」と心に強く持ちましょう。
話しだしてから30秒で「どんな人物か」おおよその印象が決定づけされます。
滑舌は相手も不安要素になりえますので、自己PRからサ行を意識してください。

初見・・課題3は叫びへの感情表現の持って生き方が素晴らしいです。
1.2はキャラのセリフにとって自然な呼吸(間など)を意識してください。

ナレーション・・音で話してしまう部分についてですが
「話す気持ちよさ」にプラスして「丁寧にやろう」という気持ちを意識してください。
そのうえで、指摘を受けたら前回同様、一旦言葉を切り離してからつなげていきましょう!

写真 2018-04-04 12 08 48
自己PR・・とても良い内容でした。是非そのまま使用してください!必ず覚えましょう!

初見・・課題1・3の完成度が大変素晴らしかったです。
今まで勉強してきたこと(テクニック、呼吸使い)がくまなく生かされています。
3は声をはるセリフですのでやや心配でしたがクセなく見事クリアしました!
※オーディションに強いです。そろそろ挑戦する準備をしましょう。

ナレーション・・前回に比べ、ややクセと滑舌が顔をだしました。
「はがき」「きちんと」「ところどころに」など親切な表現を心がけてくださいね。
写真 2018-04-04 12 08 12

自己PR・・今回使った内容を書きだして、授業当日に提出してください。
アピールポイントを付け足していきましょう!

初見・・課題1では相手を呼び止められるような声がでましたね。とても良い傾向です。
課題2に関しては、読んでる部分・自然体な部分が交差しています。
自然な部分はとてもいい感じですので、あと少しです!課題3は丁寧な表現が良かったです。

ナレーション・・「細かい線が走っていて」3つに分割、2つの親切な表現を意識しましょう。
また、「あ」は出来るだけ声帯締めで頑張りましょう!
写真 2018-04-04 12 06 51
自己PR・・時間の間もなく、やることも多く、やや焦ってしまいましたね。
質疑応答での受け答えはバッチリです。ここで審査員が見ている部分をクリアしていますので
自信を持ってください!

初見・・1番手だったこともあり、読み込める時間が少なかったため、
表現のパターンが薄くなりました。課題1では間や心配な感情を、
課題2ではナチュラルでとても良かったです。明るいキャラだからこそ「まじめ」な部分を付け足して加点を狙いましょう!
課題3は、破裂音クセを取り除けるように頑張りましょう!

ナレーション・・1Pをしっかり読みこなしてくれました。このまま頑張っていきましょう!

写真 2018-04-01 18 45 07
プロクラスご見学にいらした生徒さんからお土産を頂きました。
ありがとうございます!皆さんで頂きます。
写真 2018-04-01 16 25 06
美声ヨガのお客様から、おやつとプロクラスの皆さんへキットカットの差し入れを頂きました。
休憩中、美味しくいただきました!ありがとうございます。


それでは、今週も頑張りましょう!




今回のプロフェッショナルコース前期は


「美声ヨガ
、感情開放、初見オーディション原稿」


プロフェッショナルコース後期は


「発声確認、ナレーション、オーディション原稿(セリフ)」でした。




プロクラス前期生徒さんから頂きました感想です。

IMG_0577

高いモチベーションは、いい練習効果をもたらします。
自分には無いキャラクターを演じる場合、そのキャラクターの情報を集めることが大事となります。
☆今回のポイント
【気弱なヒロインの場合】
・気弱なキャラクターがぶれないよう、感情をコントロールする。
・語尾の扱いかたに注意する。
・ウィスパーの使用も検討する。

感情で演じることが一番大事です。
自分にそのキャラクターがいない場合、テクニックを使うことによって
キャラクターの感情の揺れ幅が判り、自分のモノになる場合があります。
100%感情移入できたら、完成です。頑張りましょう!


image1 (1)

密度の濃い時間になりました。
感情を言葉に乗せるのが得意なほうだと感じております。
アニメ用の芝居も頑張りましょう!

☆今回のポイント
シチュエーションによって演じ方が変わります。
演出に対応できるよう、2~3個の演技プランを準備しましょう。


プロフェッショナルコース後期生徒さんから頂いた感想です。

IMG_0579


1回のアドバイスで「次の発音時にクリアできる」回数が増えました。
初見原稿でも一人で完成することができるよう、クリアの回数を増やしていきましょう!

☆今回のポイント
舌先「い」をひっくり返さないように練習しましょう。



IMG_0580
やや苦手な「言えば」の発音について

☆今回のポイント
・「え」の発音時にしっかりと口を開く。
・舌の筋肉を下アゴに押し付けるよう意識する。

・サ行ハ行の呼気圧を意識しましょう。

語尾の抜けが綺麗ですので、味わいを大事とする
世界遺産のようなストレートナレーションも向いていると考えています。
一般的な滑舌はクリアしていますがプロレベルの滑舌は未達成ですので
スッキリした発音を手に入れるべく、引き続き頑張っていきましょう!

収録、頑張ってきてください!



それでは、今週も頑張りましょう!

夏らしい暑さが戻ってきました。


この夏は、歯列の隙間を閉じた場合、さらに良い発音(特に摩擦音)になるのではと考え
下の乱杭歯①①②を調整しました。

unnamed (4)

結果的に、私のような乱杭歯の場合、歯列は徐々に移動させる方法が一番良いと考えます。
以下のような問題が生じました。

・噛み合わせの変化
・下歯が埋まったことによる、下アゴの動かしにくさ
・今までの歯列で滑舌が完成していた場合、新しい調音点での訓練が必要

私はストレートネックであり、発音上、乱杭歯は理にかなっていたのかもしれません。
歯科医の友人に相談したところ、噛み合わせの急な変化により体調を崩したのでは?
とアドバイスを頂き、歯を大切にしなさいとのお叱りも頂きました。

とても落ち込んでいたのですが、
一昨日、歯列を乱杭歯に戻して頂きましたのでご報告いたします。
unnamed (5)

結果、発音がクリアに戻り、噛み合わせもよく、体調良好です。
綺麗な円を描き始めた舌の形も徐々に乱杭歯にフィットしてきています。
※舌の形の変化は、衝撃でした。

経験したうえで判ったことは、歯列の変化は少なくとも滑舌に影響を与えます。
オープンバイトでのサ行、反対咬合のラ行などで矯正を視野に入れている声優志望のかたは
出来る限り舌や口周りの筋肉を鍛える方法でトレーニングし、
それでも厳しい場合にかぎり
一般歯科にて相談するのも手かもしれません。
※矯正により調音点も変化する為、自然に発音できたものが言い辛くなる可能性はあります。
unnamed (6)

生徒さんから、オリジナルブレンドのマッサージオイルを頂きました。
癒しの効果がある組み合わせのようです。
生徒さん達には心配をおかけしてしまい、大変申し訳ございません。
考えてくださったこと、心から感謝申し上げます。



今週の授業内容です。

 

マンツーマンレッスン

【ベーシック】美声ヨガ1コマ
【ベーシック】医療スポーツ関連、登壇用トレーニング2コマ
【プロクラス前期】音飛ばし、感情開放の笑い泣き、滑舌実践、滑舌理論タ行
【プロクラス後期】上級ナレーション、初見ナレーション3点、オーディションの点数方式、初見ナレーション表現


プロクラス前期の生徒さんたちに頂きました感想です。

unnamed (10)


心のブレーキを開放すると感情のスイッチをコントロールしやすくなり
リアルな演技に繋がります。
滑舌は気合いを入れた際のアタックの強さが気になっていましたが(破裂音)
新春シャンソンショウなど摩擦音には気合いが良い音に結びつきましたね!
引き続き、破裂音は優しく、摩擦音は呼気圧強めでいきましょう!

unnamed (11)

はじめは感情を乗せると甘くなりやすいです。
しかし、甘くなるほどに感情を乗せることが出来ている、とも捉えられます。
ここの改善は、やはり滑舌の地盤を強固にすることです。
感情を乗せても、言葉が自然に揺らいでも、たとえ小さい音でも
明瞭に発音できるようになります。引き続き頑張りましょう!
unnamed (12)

不思議なもので、感情の壁は年齢と共に固くなっていくのですが
さらに年齢を重ねると、柔らかくなり涙もろくもなります。
笑い、泣き、怒り、など得意な壁から崩していきましょう。
前へ飛ばす為の腹部プッシュアップ、できれば毎日続けましょう。
鉄棒などに腹部(前回押した部分)を当てながら発声も、かなり効果的です。
引き続き頑張りましょう!



後期生徒さんからいただきました感想です。
unnamed (13)

全体的に発声が良く、初見①より初見②、初見③と進むたびに
原稿に合わせたキャラクターでナレーションができていました。
滑舌やテクニックに関しても同様です。
だんだんと、いい部分が見えるようになってきました。
安定感が来るように、引き続き頑張りましょう!テクニックを重要視しましょう。



【プロクラス生徒さん達へお知らせ】
顔出しあり声優オーディションのフライヤーを頂いてきましたので、
ご希望の方はお申し出ください。授業後にお渡しいたします。


unnamed (8)

ベーシック生徒さんから誕生日プレゼントを頂きました。
ありがとうございます!香りにとても癒されます・・

unnamed (7)
ベーシック生徒さんから、お土産を頂きました。
お心遣いありがとうございます。もみじ饅頭を頂きながらブログを書いております。
とてもおいしいです!


それでは、今週も頑張りましょう!

↑このページのトップヘ