今日のプロフェッショナルコース本科前期は原稿に集中しました。
腹式呼吸が完成したタイミングで、はじめの授業に行う発声運動(美声ヨガ)を外しています。


学生時代は「声優に運動?」と不思議に感じる子もいましたが (私もその一人です)  、自然と腹式呼吸ができる状態に仕上げるには、とても効率のいいトレーニングだと思います。
筋トレと同じ要領で、強化したい部分に意識を向けると、より良い結果になります。


プロクラスは「間の取り方、表現テクニック、訛りの修正、プロの滑舌」
少なくとも上記4点は意識して行いますので、集中力を保つためにも自然に腹式呼吸が出来る状態にするのが最善だと私は考えています。


さて、美声ラボでは、いつでもレッスンを振り返られるよう
ご希望の方のみレッスンブログをアップしていきます。

生徒さんの感想です。
kansou325ta

厳しい指導はまったく問題ございません!どうかお気になさらないでください。
今まで「厳しい」先生は元々の性格なのかな?と思っていたのですが
これは愛情がないと厳しく出来ないものだなぁと、気付くキッカケになりました。

また、徐々に滑舌が良くなってきましたね!
まずは「歯切れの良い滑舌」を目指し、「プロの滑舌」に引き上げていきましょう。
音が抜けやすいので、自宅での発声練習はハ行喉元+下腹部を意識して行ってください。
(ふ、の音は両唇意識です。また、マイク前で吹きすぎないよう、逃がしを次回練習しましょう。)

それでは、また来週頑張りましょう!